電話電話

無料査定依頼(24 時間受付)無料査定依頼
(24 時間受付)

MAPMAP

Point 売却を成功させる
「コツ」

  • TOP  >  
  • 売却を成功させる「コツ」

Point 「基礎」を知り、不動産売却を成功させる

不動産の売却というと、難しいイメージがつきものです。しかし、その基礎を押さえ、売却のためのコツを知れば、初めての不動産売却でも必ず成功できます。このページでは不動産売却を成功させるコツについて紹介しているため、スムーズかつ希望に近い金額での不動産売却を目指す方は、ぜひご参考ください。

Point 却方法はおもに2つ!
「仲介売却」と「不動産買取」の違いとは?

不動産売却はおもに2種類に分けられ、それぞれ「仲介売却」「不動産買取」といいます。売りたい不動産の売却にはどちらの方法が適しているか判断するため、まずは「仲介」と「買取」の違いについて知りましょう。

「仲介売却」とは、《個人の買主を見つける》売却方法です。仲介業者となる不動産会社を探し、不動産を欲しがっている個人の買主を探してもらいます。相場価格で売却できる可能性がある一方で、手続きや売却完了するまでに時間がかかるケースも少なくありません。

「不動産買取」とは、《現金がすぐに必要な時》に有効な売却方法です。不動産を専門的に扱う不動産会社が直接不動産を購入するため、売却手続きを早期に完了させられます。一方で、仲介売却に比べ売却価格が低くなるケースがあるのは否めません。しかし、仲介手数料はかからないため、場合によっては優位な条件での売却が実現する可能性もあります。

売却方法はおもに2つ!「仲介売却」と「不動産買取」の違いとは?

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  仲介 買取
事例 売却先を探しているけれど、なかなか売主が見つからない時など 早期での売却を重視する時や、売却物件が事故物件、築古物件など
買主 おもに個人 不動産会社
売却手続き期間 完了まで時間がかかる 早期に売却手続きが完了する
売却価格 相場価格で売却しやすい 相場価格よりも安くなりやすい
仲介手数料 基本3%+6万円かかる 不要

Point 用できる不動産会社の選び方

希望に近い価格で、かつスムーズな売却を目指すなら、信頼できる不動産選びはもっとも重要な要素です。安心して不動産の売却を任せられる不動産会社の見つけ方を、具体的な例とともにご紹介します。

POINT① 地元を良く知る地域密着の会社かどうか

不動産売却を任せるなら、地元地域についての知識と販売実績が豊富な不動産会社がもっともおすすめです。たとえ不動産の査定額が高額であったとしても、遠方の業者に依頼するのはおすすめしません。距離があるだけに何かと対応に時間がかかり、売却のスピードが滞ってしまうパターンが考えられるからです。

POINT① 地元を良く知る地域密着の会社かどうか

また、進捗報告が遅れぎみになると、売却シーズンを逃してしまうなどのデメリットも考えられます。それにより、結果的に当初の予定よりも売却までに時間がかかってしまったり、売却価格が下がってしまったりするリスクもゼロではありません。

ステップハウジングは、朝霞・和光・志木エリアを中心とした地域密着型の不動産会社であり、フットワークの軽さが自慢です。エリアの不動産市場や事情にも精通しているため、的確なアドバイスができるのも持ち味の1つ。一般的に売却が難しい案件も、地元での独自のネットワークを駆使しながら、親身になって対応させていただいております。朝霞・和光・志木エリアのスムーズな不動産売却は、ぜひ、ステップハウジングにお任せください。

POINT② 高額査定にはご注意を!

POINT② 高額査定にはご注意を!

不動産の売却を依頼する際は、複数の業者に物件の査定を依頼するのが通例です。そのなかで、最近の動向や事情を考慮しない「高額査定」を出してくる業者には注意したほうがいいでしょう。物件には不動産相場というものがありますが、契約をとるためだけに、相場よりもかなりの高額で見積もりを出している可能性があります。

もちろん、結果的に相場よりも高い価格での売却ができれば、何も問題はありません。しかし、高額での売り出しゆえに買い手が見つからず、結局大幅な値下げを検討しなければならなくなったというケースは、たびたび見られます。

その場合、売却に時間が必要以上にかかってしまうため、その後のご予定やプランに支障をきたすおそれもあるのです。査定額は参考程度にとどめておくのがポイントであり、同時に買主自身が相場に準じた適正な価格を知っておくことが重要となります。

ステップハウジングは、地域密着型の不動産会社として、地域での動向や事情などに精通しているのが強みです。相場に準じた適正価格での査定に努めておりますので、自分の物件の適正価格が知りたいようならぜひご相談ください。

POINT③ 「囲い込み」をしない会社かどうか

不動産業界には「囲い込み」という用語があります。これは、売主と物件の媒介契約を結んだ不動産会社が、他の不動産会社の契約を阻止する行為です。たとえば、ほかの不動産会社から「この物件の購入を検討している人がいるので内見をしたい」と申し込みがあった際、「すでに商談中です」と嘘をいい、紹介を断ってしまうなどの行為が囲い込みとなります。

POINT③ 「囲い込み」をしない会社かどうか

そうして、売主・買主ともに同じ会社で契約させるよう調整し、売主と買主両方から手数料を受け取るのが、囲い込みをする不動産会社の狙いです。囲い込みをされると、本来ならもっと高値で売れたはずの物件が、大幅に値下げされた価格で販売されるおそれがあり、売主は大きな損害を被ります。

通常、売主から不動産の売却を依頼された不動産会社は、不動産のデータベース(レインズ)に物件情報を登録し、早期に買主が見つかるよう不動産業界全体で情報を共有しなければいけません。それにより、不動産流通の円滑化と、購入者の利益を確保することができるのです。しかし「囲い込み」により、自社で仲介手数料を独占しようとする不動産会社もなかには存在するので、注意が必要です。

ステップハウジングでは、誠意のあるお取引を行っておりますのでご安心ください。

Point 却時にかかるおもな費用と税金

不動産の売却には、登記費用や各種税金などさまざまな費用が必要です。そこで、朝霞・和光・志木の不動産会社「株式会社 ステップハウジング」が、不動産売却時に必要な費用についてご紹介します。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

発生時期 内容 概要
売却契約終結時 印紙税 買主と売買契約時に売買契約書に添付する印紙代です。印紙代は物件の契約金額によって異なります。※下表は2020年3月末までの金額
契約金額 印紙税額
1000万円~5000万円以下 1万円
5000万円~1億円以下 3万円
1億円~5億円以下 6万円
不動産仲介手数料 不動産売買契約成立時に報酬として不動産会社に支払う費用。 (国土交通省告示第1552項・宅地建物取引業法第46条第1項より)
売却金額 報酬の最高限度額
200万円以下の場合 (売却金額×5%)+消費税
200万円~400万円の場合 (売却金額×4%+2万円)+消費税
400万円以上の場合 (売却金額×3%+6万円)+消費税
登記 抵当権抹消費用 売却時にローンが残っている場合には、抵当権抹消の手続きが必要になります。「登録免許税」と司法書士への依頼報酬が必要です。
表示登記費用 未登記の建物がある場合には、土地家屋調査士に登記申請を委任する費用が必要になります。
地積更正・境界確定の登記費用 土地の地積の間違いを修正や土地を分筆する場合に、登記費用が必要になります。
売却後 所得税・住民税・復興特別所得税 不動産の売却で利益が発生した場合、譲渡所得に対して税金が課せられます。
譲渡所得税 不動産購入時の金額よりも売却金額のほうが高額になった場合、売却差益に対して譲渡所得税が発生します。

Point 定評価のポイント!

不動産の査定では、どのような点が確認されているのでしょうか。しっかりとポイントを押さえて、高額査定を目指してみましょう。

査定評価のポイント!

周辺環境 駅などの公共交通機関や学校、病院、商業施設など、周囲の環境に好材料が揃っていると、査定額アップにつながります。
日当たり 南向きの土地やひな壇など日当たりが良い物件は、高評価の対象になります。
土地の方位 南面道路や角地など、土地に接する道路の向きも査定額に影響します。
土地の形 建物設計の自由度や日照時間などから長方形の土地は人気があります。
間口や幅員 家の建設を想定すると、4m以上の幅員が理想です。
状態 更地を売却する場合には、不用品が残っていると査定額に響きます。
社会的な状況 増税が予定されているなど社会的な状況も査定額へ影響することがあります。

PICK UP!不動産売却に適したタイミングとは?

PICK UP!不動産売却に適したタイミングとは?

不動産の相場は日々細かい上下動を繰り返しているため、売りどきを見極めるのは難しいものです。基本的に、不動産売却にもっともおすすめのシーズンは、1月~3月の間とされています。年度替わりの4月は異動が多い季節となるため、その前の数ヶ月間に住宅を購入する人が多くなるためです。

また、不動産売却に適したタイミングは、その地域によって差が生じるケースもあります。そのため、査定を依頼する際は、地元の事情に詳しい地域密着型不動産会社のほうが、適切なタイミングを見極められるでしょう。

そのほかに、不動産の所有年数5年以下で売却する場合、所得税や住民税の税率が上がってしまうことや、種別性特例も所有年数の要件によっては該当しない可能性についても考慮する必要があります。

このように、不動産の売却に適したタイミングは、季節や税制、地域の状況などといったさまざまな要因を、総合的に見極めることが重要です。ステップハウジングでは、地域に根づいた独自ネットワークを駆使し、お客様の売却希望物件の状況を考慮しながら、売却にもっとも適したタイミングをご案内しております。不動産売却を考えているようなら、ぜひお気軽にご相談ください。

トップに戻る